« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | 首折り男のための協奏曲 »

いのちの車窓から

いのちの車窓から 単行本 – 2017/3/30
星野 源 (著)
単行本: 200ページ
出版社: KADOKAWA (2017/3/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4040690664
ISBN-13: 978-4040690667
発売日: 2017/3/30

祝!1000冊目。
2004年10月4日にアップした「お縫い子テルミー」から数えて1000冊目のレビューとなりました。
複数冊を1エントリーにしているものもあるので、正確には1000冊ではありませんが、マイルストーンとしてまずはお祝い。笑
13年で1000冊なので、年平均76冊となります。一年52週なので、週1.5冊ペースということになります。

祝うべき1000冊目は今時の人となっている星野源さんのエッセイとなりました。
源さんのエッセイは前から面白かったのですが、一度死にかけたことによってエッセイにより深みと余韻が加わった気がします。また、生き方も突き抜けたのかな?
源さんはフローに入りやすいということもいくつかのエピソードからわかりますが、今の成功も集中力による一点突破という感じがします。
これからも長生きして楽しいアウトプットを出し続けて欲しい人です。

竹蔵

|

« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | 首折り男のための協奏曲 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7965/65961478

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの車窓から:

« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | 首折り男のための協奏曲 »