« いのちの車窓から | トップページ | 彼女がエスパーだったころ »

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫) 文庫 – 2016/11/28
伊坂 幸太郎 (著)
文庫: 437ページ
出版社: 新潮社 (2016/11/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101250316
ISBN-13: 978-4101250311
発売日: 2016/11/28

積読の山にあった伊坂くんのスランプに陥る前の結構前の作。
いろいろな雑誌に載った短編を集めた短編集です。
伊坂くん得意のちょっとだけ登場人物がダブっているという連作手法ですが、今回はあまりしっくりと来ませんでした。
冒頭の「首折り男」が何で死んでいたのか?という謎が回収されることを期待して読み進めましたが、残念な結果に。
スランプからも立ち直ったみたいで、結構なスピードで新作も出ているので、娘に貸しているのを早く取り上げて伊坂節を堪能しようと思います。

竹蔵

|

« いのちの車窓から | トップページ | 彼女がエスパーだったころ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7965/65965248

この記事へのトラックバック一覧です: 首折り男のための協奏曲:

« いのちの車窓から | トップページ | 彼女がエスパーだったころ »